-

自動車の売却額を高くするのに、、自分の車を売る時期タイミングも影響してきます。

乗り換えを検討している愛車を多少でも損をすることなく売ることを思いめぐらせれば、、少なからずポイントがあるんです。

中古車の売却額査定の留意点として重要視されるところに走行距離がまず考えられます。

一般的に走行距離というのは車の耐用年数と見られることもありますのでその車の走行距離が長ければ長いほど査定にはマイナス面になります。

走行距離が100キロと6万キロでは普通は査定対象車の買取金額は相違があります。

走行距離だけで見れば少ない方が売却額は高値になりますが、実は突っ込んだベースラインはないので、決められた線を引いて査定されます。

例えば、普通車では年間標準走行距離10000キロで線を引いてこれを超えて走っていると査定がマイナスになるなどです。

軽自動車では年間8000キロがまた年数が経っているのに走行距離が短いケースでも、査定額が高額になるというわけでもありません。

一般的には年式・走行距離での買取査定の留意点は、年数にたいして適切な距離を走っているかというところです。

自家用車もそうですね。

そして車の年式というのも、中古車買取査定の小さくない注意点です。

十分わかっているといったかたがたくさんいるだと思っていますが、一般的には年式に関しては新しいほど査定をする上で有利なのですが、ごく稀にその年式に希少価値がある車種は古い年式の場合でも高く査定額が出されることもあるのです。

二つ目に車検が挙げられます。

もちろん、車検というものはお金がかかりますから車検が必要になるまでの残月数が大きいほど査定額は大きくなると思えると思いますがそれは誤りで実際は車検時期は車の買取査定には全然響くことはありません。

低公害ディーゼルエンジン搭載車、車検切れの車、などの自家用車の状態も見積額に影響を与えます。

車検のタイミングは売る時期としてはタイミングがいいということです。

反対に見積額を高くするために車検の後に買取査定に出そうというのは車検代が勿体無くたいして意味を持たないということになります。

それから買取業者に車の依頼をして、買い取ってもらう好機として2月と8月はチャンスです。

なぜなら買取業者の決算の時期が3月と9月というところが多いためです。

なので、例えば1月に売ろうと思ったら少し待って2月に車の査定見積もりを専門店に依頼して売却するのも良いと思います。

自分の都合も事情もあるでしょうから、ひとまとめにしてそのような時期を狙って売却するわけにもいかないでしょうけれども可能であればこのようなタイミングを狙ってみるとよいかもしれません。

Category

リンク