-

クレジットカードの強制失効は、名前が指す通り一方的にクレジットを退会(停止)させられてしまうことです。

失効された場合には言うまでもないですが対象のクレジットカードについてはその時点より先、一切決済不可になります。

没収させられてしまう理由は様々・・・クレカを一方的に失効となる事情は多々あります。

普通は普段の購入にて用いるなど特段の事情なくカードを使用している際においてはみなさんが没収となる理由というのはそうありませんから心配なさらずにいて欲しいですが、没収となりかねない理由を記憶に留めておくということをすればカードが安心して使用できることにもなる考えられるため、以下の文章ではひとつについて言及していきたいと思っています。

まず言えることはクレジット会社から信用をなくす愚行をしたりまたはクレジットの会社にとってのマイナスとなるような行為をせずにいればまずもって強制退会となることはありえないと言ってもよいでしょう。

安全に使用するということが最も重要ですので以前にそのようなような愚行をとってしまった経験がおありの方はこれ以後はぜひ良い履歴とできるよう注意して欲しい。

そもそもクレジットカードの料金を支払いをしない:全く論ずるまでもない行為ですが、カードで決済した費用をクレジットカード会社に支払いをしない代金の不払いをしてしまう場合、もしくは常日頃から残高不足で返済をできないなどという時は絶対失効となってしまうようになります。

クレジット会社はユーザーのことを信用しているから契約しているわけであるから、ユーザーが弁済を実施しない場合にはこれまで得た信頼は完全に崩壊してしまいます。

そういったことから、カードを没収する手段で後の被害拡大を防ぐ対策をしなくてはいけないから、失効となるわけです。

Category

リンク