-

クルマを持つ人ならば分かっていると思いますが、自動車税を支払う義務があります。学習机 安い

そしてこの税金は、車の買い取り時に一般に還ってくるお金なのです。ナースバンク 三木市

これはやってみたら理解できますが、一つずつ順を追って出来るだけわかりやすく案内していきます。http://www.rabidtigers.com/

ちなみに補足しておけば国内販売されているクルマのみに限らずドイツ車等も自動車税が戻ってくる対象に決まってます。奈良・横浜・いっちゃんリレーマラソン大会2017のエントリーやコース一覧と結果はこちら

当然自動車などもそうです。登録販売者

自動車税は自動車を所有する人が支払い義務を負うお金ですがクルマの排気量の大きさ毎に定められています。無駄吠え 近所迷惑

1リッターより低いならば29500円で1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円です。ネムリス 薬局

これ以上は500cc刻みで5000円ずつ増えます。カラコン 売れ筋 GLAM

また自動車税は4月1日現在のの所有者が、今年度の全額を払う義務があります。

つまりは先払いになるということですから、当然車を引き取ってもらって所有権がなくなった際は先払いした分の税金は還ってくるんですね。

税の場合は先払いで年度内の税額を納めるから、一年以内に愛車を引き取ってもらった際は、新たな所有者がこの税の納付義務を負うのです。

買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、買い取り時に所有者が前払いしている分の税額を返してくれます。

つまり所有権が移った際からの税金は新たなオーナーが納税義務を負います。

もしも10月の間にクルマを手放した場合は11月以降翌年3月までの税額は還付されます。

というのは、前述の通り自動車税という税金は一年分を先払いしているということからもわかります。

ということは前オーナーは買取先に税を返還してもらうということになります。

個人間でクルマを売却する場合、結構このような大切な事実を忘れている人がいますので確認をとるようにしましょう。

自動車税が自動車の売却で返ってくるという知識をほとんど知っている人がいない事を利用してそのことを悪用している悪徳業者も存在します。

こちらから税金について言わなければ、自動車税のことに関して説明しないという場面もしばしば聞かれます。

ですので車の買い取りをお願いする時には、税金が返ってくるかどうかを確認することを忘れないようにする必要があります。

Category

リンク