-

思いつきもせず遭遇してしまうのが自動車事故です。浮気調査の費用で最安値

その場面でどう作業したことが原因となり自動車の保険料の支払金も相当大きく差が出る場合も想定されますので正確な考えと対策が大切です。

予想外のハプニングに巻き込まれて混乱してしまったならば大事な対処を見逃してしまいその先あなたが損をする場面もありますので車の事故に巻き込まれた状況では冷静に以下の作業を行います。

事故の遭遇した場面でまずする必要があるのは負傷した人の状況の確認です。

自動車の事故後は喪心状態になってしまうことがあり短期間で行動できないのが一般的です。

その状況では、負傷者がいたとしたら安全が確認された場所に移して応急な手当を施し周囲の人に助けを呼ぶなどを行い負傷者の最優先に努めることが大切です。

119番に電話をする時は的確な事故があった場所を連絡して不確かな状態では周囲のよく知られているスーパーや交差点を告げてその住所が分かるようにします。

その後に110番に電話して車の事故があった旨と現状を説明します。

救急車と警察の到着を待っている内に怪我人の事を聞きます。

氏名、住んでいるところ、電話番号、免許証、事故の相手の方の保険の会社名等お互いの情報を教えあいます。

その時事故相手に原因があるような状況では、事故現場で結論を出そうとすることがよくありますが即刻解決するのではなく、どういった場面だったにせよ警察や車の保険会社知らせて、調べてもらうようにしましょう。

互いの内容を教えたら車の妨害にならないために邪魔な物を路上からどかします。

万が一障害となった物が他の人の妨げとなっている場合は互いの情報交換をするより早くこの対応を行っても問題はないです。

ここで自分が加盟している自動車保険会社に電話をし自動車の事故があった旨を報告します。

事故から一定の期間の時に自動車保険会社に電話を入れておかないと、交通事故の保険の適用外となる場合もありますので時間が出来たら遅れることなく行うことが重要です。

さらに交通事故の証拠としてデジカメやスマホ等を用いて事故や乗用車の破損箇所の写真を撮っておきます。

それは過失割合を決定する際に大きな証明となるので、自身の乗用車や相手方の自動車の故障個所をちゃんと証拠として残しておくことが大切です。

目撃した人がいるのであれば警察の人や保険屋さん辿り着くまで事故現場にそのまま待機してもらうよう呼びかけることも必要不可欠です。

Category

リンク