-

カードローンなどの支払い内容は、クレジットカード会社によって随分ギャップがあって、様々なやりようがとられてます。78-6-37

一般的なところでは残高スライド法やリボルディング払い法などが取り入れられているようです。78-19-37

このような誰もがわかっているリボルディング払いですけれども本当のことを言えば算出様式にはいろいな法があったりするのです。78-1-37

そうしてしかような法に応じて支払い金額が変わってきてしまいますので心得ておいて損することはないはずです。78-15-37

じゃあやさしく2つのやり方の相違に関してを解説しましょう。78-8-37

最初は元金均等払いでもう一つは元利均等払いです。78-14-37

それぞれその名を冠する通り元本について均分にして支払っていくというのと、元金と金利に関してを一緒にして均等に支払っていくという形式です。78-3-37

このケースではもしや10万円借金したと設定して、いかような算定をしていくのかみてみます。78-20-37

利回りはどっちも15%とし算定します。78-2-37

またリボルディング払いについての支払は1万円と仮定して算定します。78-13-37

取りあえず元金均等払いのほうからいきましょう。

かかる場合の最初の支払いについては1万円に利子分1250円を足した支払となります。

次の引き落しに関しては1万円に対して利率1125円を加算した額になります。

かくて総回数10回にて返済をお終いにすると言う形式です。

一方で元利均等払いははじめの引き落しについては1万円ですがそこから元金に8750円利率へ1250円と言うように割り振りをします。

次の返済に関しては元金が8750円へと減った状態で利子を算出しその1万円から更にまた分配するのです。

別言すれば、元利均等払いの事例は10回で引き落しが完済しないといった算出になります。

こればかりのギャップで両方がどれくらい異なってるのかが十分にわかったことかと思います。

元利均等というものは元金均等と比較し、明瞭に元本が縮小していくのが緩やかというような難点といったものが存在するのです。

則ち利率といったものを余分に支払うと言うことになったりするのです。

反面、初回の支払が小さな額で済むと言うプラスも存在するのです。

かかる引き落し方式についての差異によって、返済合計金額というのが異なってきますのでご自身の嗜好に合った計画をするようにしていってください。

Category