-

クルマに乗っている人は承知しているものですが自動車税を支払う義務があります。ライザップ心斎橋

それでこの税金は自動車の買取の際に当たり前に還付されるお金なのです。ブブカ

やってみると分かりますが最初から順に簡易的に説明していきます。http://秋ファッションメンズ.com/

ちなみに説明をさせて頂けば、日本のメーカーの車のみに限らず外国の車でも自動車税が戻ってくる範囲になってきます。ブライダルエステ 静岡 人気

当然クルマについてもそうです。脱毛ラボ予約

自動車税というのはクルマを所有している人が支払わなければならないお金で、税額は車の排気量により決定されます。

1リッターより小さいのであれば29500円1リッターより上で1.5リッターまでが34500円です。

これ以上は500cc毎に5000円ずつが乗ってきます。

そしてこの金額は4月1日時点の保有者が、来年3月までのお金を納付することになります。

前払いということなので、当然車を買取してもらって、所有権がなくなった場合には前払いした分の税金は還ってくるのです。

この自動車税の場合は前払いで今年度の全額を払いますから一年以内に車を手放した場合には新たなオーナーがお金を支払わなければいけないということです。

売却相手が買取専門店の場合は、売却した際にあなたが支払いすぎた税額を返してくれます。

要は、所有権が移った時からの自動車税は権利が移った保有者が支払わなければならないのです。

もしも自分が10月に自動車を売却した時は11月以降翌年3月中までの自動車税は返金されます。

それは、前述した通り自動車税というのは一年分を前払いしているということからも明らかです。

まとめると、前オーナーは買い取った相手に払いすぎた税金を返してもらうということです。

業者を介さずに自動車を売買する場合には結構こうしたことに気づかない方が多くいるのでしっかり確かめるようにしなければなりません。

自動車税という税金はクルマを手放すと戻ってくるという知識をほとんど知らない人が多い事をいいことに、その事実を隠す業者もあります。

自分から返金に関しての話をしなければ、完全に返金のことに説明しないという場合もよく見られます。

ですのでクルマの売却をする場合は自動車税が返ってくるか否かを確認することを忘れないようにしてください。

Category

リンク