-

外国為替証拠金取引(FX)で投資する興味深いところは、単一の投資の商品であるはずが、投資期間を短・中・長の中でどの期間をセレクトするかにより資本の投下の手法がまったく変わってくるというところにあると言われます。第一には外国貨幣への投入の「長期の投資」について詳しく見てみよう。長期のスタンスというのは、一年以上の投資が原則とされています。為替においては、一年以上も経った後の為替の相場がは円高と予想するか、それとも円安になっているかを連想するということは、たいていの場合難題だと思います。通常であれば、「そんなに後のことはわからない」というのが普通かと思います。わからないことをがんばって予測しようとも、それは無謀な行為なのです。そんなわけで外国貨幣を買ったら、そのタイミングでのレートよりも円高傾向になったとしてもそのうち元に戻るだろうというポジティブな思いで向き合う必要があります。利益を無理に上げるばかりでなく他からの利益要するにスワップ金利で稼ぐのを、一番の目当てということにして始めてみましょう。当然のことですが、ちょっとの間で為替差損にマイナスがかなり膨らむこともあります。そんな訳で、そんな損に大丈夫なようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめでやり取りする心がけは肝心です。FX(外国為替証拠金取引)は、損が一定範囲を上回って更に拡大すると追い証を払わなければならなくなったり、あるいはストップロス(ロスカット)を置くことになります。ストップロス(ロスカット)を置いたらさっさと売買を清算しなければならず、長期トレードが厳しくなります。こんな危険を回避するためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして取引することです。第二に中期投資の場合のやり取りを説明します。中期では長くて1?2ヶ月くらい後々を予想しての売り買いであります。為替のトレードの時は、だいたい1ヶ月ほど先のことであればだいたいの場合予知しやすいと思われます。G7等の国同士の集まりの話題為替の市場で売買している人たちがどのような事柄に着目しているかを確認してみれば、だいたい想定できるはずです。この経済の状態をチェックしつつ、チャートを参照することによってレートのレベルをわかるようになり、買いか売りかをジャッジするべきです。基本的に、経済の状態とテクニックの両面で光りまたはどちらも買い傾向が一致している時はその通りに動くと考えて問題ありません。そのような時は持ち金を増やしておく事でさらに多いリターンを期待できるのです。第三に短期のスタンスのコツ。ここでいう短期トレードというのは、言わばデイトレードのことを意味しています。為替市場でデイトレーディングを行う際ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はいっさい関わりがないと断言します。というのはあくる日の相場の動向に、ファンダメンタルズは影響しないからです。ここでの、最大のカギは大規模なイベントがある場合、それに影響されて為替の相場がかなり変化するタイミングを見逃さないようトレードすることです。たとえばアメリカ合衆国において雇用者の統計が発表されるあるいは金融政策などで金利が変動するくらいの出来事。こうしたタイミングに動きを逃してはいけないといったことから、短期スタンスでは多種の情報が必須になる。

Category

リンク